キャリアを生かして転職することにより給料を上げるには

転職すれば給料が上がるということがよく言われていますが、本当にそうなのかが悩みになっている人もいるでしょう。

上がるのだったら転職したいけれど、下がるのだったら辞めておきたいと思うのはもっともなことです。

ここまで積み上げてきたキャリアを生かして社内出世を目指すべきか、転職でキャリアアップを狙うべきかで悩んでいる人のために、この記事では転職によって年収を上げられるのかどうかを詳しく解説します。

一般的には年収は同じ水準を引き継ぐ

転職によって年収が上がるかどうかはキャリアによってかなり違いがあります。

5年くらいの経験を積んだ人であれば同じ業種かつ同じ職種であれば一人前を評価されることが多くなります。

このレベルになると一般的には前職と同じ水準の年収を提示されるでしょう。

キャリアを十分に積んできた30代~40代になると経験的には高い評価を得られますが、だんだんと年齢的な問題も生じるので結局は前職の年収程度になるのが通例です。

つまり、現実的には転職で年収を上げるのはそれほど簡単なことではないと言えます。

ただ、この事実を知っただけで諦めてしまわないようにしましょう。

キャリアがニーズに合えば年収が上がる可能性はある

キャリアを築き上げてきた人の場合には転職先によっては大幅な年収アップが可能です。

スキルや経験が企業のニーズに合っていると高い評価を受けます。

この人材を獲得したいというときには前職の年収よりもかなり高めの金額を提示してもらえるのが一般的です。

これでは低いのではないかというときにも転職エージェントに相談すると交渉をしてくれます。

自分で給与交渉をしても失敗してしまうのが心配になりがちですが、転職エージェントなら客観的な視点で企業側に説明してくれるので安心です。

キャリアがある人なら転職エージェントと相談しながらうまくニーズを見つけて転職することで飛躍的に収入が上がるでしょう。

給料が上がると見極めてから転職しよう

どのくらい年収が上がるかがわからないから転職できないという人もいるでしょう。

しかし、転職エージェントに相談しながら活動を進めれば在職中に内定を手に入れることも可能です。

その際に提示された金額が納得できるものなら退職手続きを進め、納得できないうちは現職で働き続ける道もあるのです。

自分の力を生かせる企業を探し出し、給料が上がると見極めてから転職を確定するのは賢い方法でしょう。

ずっと働いてキャリアを築き上げてきた人が転職しようとして求人に応募すると、通常は前職の年収と同じ水準の給与を提示されます。

しかし、転職エージェントを利用すれば交渉が可能です。

在職中に転職活動を進めていき、納得できる程度に年収が上がる転職先を見つけたら退職するという方法も選べます。

自分のキャリアを生かせる企業があるかどうかをよく調査して、本当にもっと稼げるようになれるかどうかを判断しましょう。