20代30代で考え始める転職に踏み切るかどうかの指標と成功率をアップさせる方法

海外とは異なり、日本の転職のイメージはあまり良くない印象をよく聞きます。

けれども実際には、転職は全く悪いことではなく、むしろ悩みが解消されたり人間関係が楽になったり、特には給料が上がる方が多くいます。

その一方で、現職を捨ててまで転職するには不安がある、転職にはなにが必要なのか、そもそも自分が転職するべきか否かがわからない、といった当たり前の悩みや不安があります。

今回は転職に自信を持って臨む前に必要なポイントをいくつかご紹介いたします。

今、転職するべきか否か。

悩みや不満が大きく長ければ考えましょう

まず最初に転職に関して、そもそも自分が転職するべきなのかという疑問は、誰もが思い浮かべます。

転職は、転職をしようかと考え始めたときから、多くの方にとってそれが相応しいタイミングであると結論付けられます。

その悩みや不満は、人間関係や仕事のやりがい、待遇の悪さ、休日などの福利厚生、収入の低さなど、人それぞれです。

もしそれらが複数当てはまる、ストレスが大きくなっていると感じられる方には、もう転職すべきと言っても過言ではありません。

悩みや不満が、我慢できる範囲であったり一時的であれば異なりますが、長期間であったり慢性的に繰り返される場合は、転職を考えましょう。

転職する前に書けるのか職務経歴書。

転職活動は、これで決まる

次に、新卒とは違い転職、いわゆる社会人採用は少しチェック内容が変わってきます。

もちろん、企業ごとの書類審査や面接、実技試験などは同じですが、一番顕著なのは職務経歴書です。

職務経歴書は、自分が今まで就職してきた会社で、どんなことをやってきたかの実績や功績を書きまとめる書類です。

具体的には、例えば売上や営業実績によるリアルな数字、顧客や店舗をどれだけ増やせたか、教育職で言えば合格実績や点数アップなど、それらは職種によって様々です。

今自分が行なっている仕事を振り返り、どれだけ数字を出してきたか、どれだけ真面目に貢献してきたかなど、転職する前に一度職務経歴書をどの程度埋められるかを検証してみるのが最適です。

そこにたくさんの実績と功績を書けるようであれば、転職の際に他社へのアピールには十分なので、成功する確率がぐんとアップします。

要望や希望は概ね後からついてくる。

転職前にチェックしてみよう

転職において最も必要なのは、やはり職務経歴書です。

社会人採用枠では、ほぼ全ての企業が即戦力や実績の豊富な人材を求めています。

職務経歴書を自信を持って書くことができれば、転職サイトやハローワークなどで、企業からオファーが届くようになります。

逆にオファーが来ない場合は、職務経歴書の内容や実績が不足しているということがわかります。

また、給料や福利厚生、仕事内容なども転職活動でははっきりと明示されているため、じっくり考えることが出来るので、焦る必要はありません。

最後に、転職サイトへの登録や職務経歴書を試しに書いてみることは、転職する前にこっそりやることが出来るので、事前に確認してみると良いと思います。