新社会人ならマスターしておきたい仕事マナーの基本

ビジネスの場では、新入社員も戦力の一人です。早く業務を覚え、先輩や上司をサポートすることが求められます。仕事への意欲と素直な気持ちを前面に押し出し、一人立ちできるように努力しましょう。

どんなシーンでも時間を守り、周囲に迷惑をかけない

出社時に遅れそうなときは、必ず10分前までに自分の部署へ電話を入れましょう。「なぜ遅刻するか」「実際に着くのは何時か」を言っておけば、まわりの人が対応しやすくなります。

取引先との打ち合わせに行くなら、約束より少し早めに先方へ到着するのがベターです。予定の時刻を過ぎてしまうと、会社そのもののイメージまで悪くなります。商談をうまく運ぶためにも、到着時間に気を配りましょう。

運送業界では、配送先の店舗や事業所のバックヤードへ入るタイミングまで指定されることがあります。遅くなれば始末書を書きますし、早すぎる場合には敷地の外で待機する例もあるほどです。時間を厳守することは、基本中の基本であることが分かります。

社会人としての自覚と責任感を持って行動する

社員は、自分の時間を使って働く代わりに給料をもらっています。新人だからといって、ぼんやりしていては意味がありません。できることを見つけ、積極的に行動しましょう。

電話応対は受け答えの仕方を覚えられるだけでなく、社外の人を覚えるきっかけとなります。コピーやお茶出しなど、雑用も引き受けるとよいです。小さな仕事であっても、会社にとって無駄なことは一つもありません。

誰かに命じられる前に、どんどん業務をこなすことが大切です。上司からも「やる気がある」と認められれば、好感度もアップします。少しずつできる事柄が増え、ステップアップできるでしょう。

自分がやるべきことをなるべく早く習得する

初めのうちは、分からないことが多いのは当然です。ただし何度か説明されたことを忘れ、毎回質問をするのはよくありません。「もの覚えが悪い」というレッテルをはられ、戦力にならないと判断されるでしょう。

先輩からレクチャーを受けるときは、必ずメモをとりましょう。自分の手で書いたことは、頭に入りやすく忘れにくいです。後で書き込みを読み返し、しっかりと復習すれば、早く覚えることができます。

仕事を理解したら、もう一歩考えを進めましょう。「こうしたらもっと利益が上がる」「工程をスムーズに進めるにはこうしたらどうか」など、自分なりに考えます。アイデアを出せば、意欲が評価されることでしょう。

業務上の秘密を他へもらさないよう注意する

企業には、外部に知られてはいけない事項がたくさんあります。たとえば新製品の開発プロジェクト、商品の仕入価格などです。ユーザーや社員の個人情報、人事問題なども、部外者に知られるのは好ましくありません。

人の多い場所や飲み会では、仕事のことをあれこれと話すのはつつしみましょう。どこで誰が聞いているか分からず、いつの間にか秘密がもれる可能性もあります。パソコンや資料の持ち出しも、できるだけ避けましょう。

社内でも、デスクに重要書類を広げっぱなしにするのはタブーです。席を立つときには、引き出しにしまって鍵をかけましょう。万一社外の人が来た場合でも、情報がもれないので安心です。

「新人だから」と甘えられる期間は限られています。失敗をおそれず、熱意を持って仕事にチャレンジしましょう。毎日努力し、知識と経験を積み重ねることが、一人前の社会人になるコツです。

転職活動で失敗して後悔しないための有効的なノウハウを3つピックアップ

人生を左右する転職活動に失敗しないためにどうすればいいのかのノウハウを紹介します。

特に仕事選び、ブラック企業の見極め、転職サイトの利用の3つをピックアップしています。

転職活動そのものに不安がある場合は、転職サイトを利用しても構いません。

どのような転職活動をしたら成功できるのか、よく考えた上で行動することが大切です。

一念発起して別の仕事への転職を検討している場合、どう転職活動するのかがとても大事ですよね。

人生において仕事はとても大切ですから、失敗しないようによく考えて転職しなければいけません。

今はいろいろな働き方がありますが、だからこそ選択が難しくなっています。

またブラック企業に勤めたらとても大変ですし、企業を見極める目も必要になってきます。

そこで転職活動を失敗しないためのノウハウを紹介します。

満足感の高そうな仕事に転職すれば後で悔やまない

総合的にみて仕事に満足感を得られるかどうかが転職の成否を分けます。

自分にとって「この仕事なら満足して働ける」と確信を持てる仕事に転職すれば、後で「転職しなければよかった」と悔やむようなことはありません。

一番見るべき点は仕事内容で、仕事内容に魅力を感じないならいくら待遇が良くても転職しない方が良いです。

なぜなら仕事内容に魅力を感じなければ、すぐ仕事に飽きてしまうからです。

また飽きるどころか、仕事を苦痛に感じてしまうかもしれません。

それなら興味を持てて満足感が高そうな仕事を求めたほうが良いです。

仕事内容に満足すれば悔やまないですよね。

ブラック企業ではないか入念に下調べ

やりがい搾取という言葉があるように、世の中には働かせるだけ働かせて給料は少ないブラック企業があります。

いくらやりたい仕事でも、企業体質がブラックだとなかなか報われません。

酷使されて薄給では、どう考えても分が悪いですよね。

ブラック企業への転職を避けるには、企業のことを入念に下調べするしかありません。

幸いにも今はネットやSNSがありますから、企業の紹介ページや求人だけでは見えてこない点も調べれば知ることができます。

もしもブラック企業かもしれないと思った場合は、同業他社への転職に切り替えるのがおすすめです。

頑張って働いて体を壊したのでは元も子もありませんから、ブラック企業には注意が必要です。

転職サイトの力を借りて理想の転職を実現

今は優良なサービスを提供する転職サイトがありますので、それらを有効利用し転職活動を行うのも一つの手です。

転職サイトの良いところは、転職活動を全面的にサポートしてくれる点です。

転職への意欲はあるものの転職活動そのものに不安がある方は、無理に一人で何とかしようとせず転職サイトを頼ったほうが良いです。

転職サイトには転職に関するプロのエージェントが在籍していて、いろいろとアドバイスしてくれます。

もしも転職そのものに不安がある場合は、転職サイトのサービスを駆使することで希望する転職を実現しやすくなります。

転職活動に困ったら、転職サイト有効利用しましょう。

その後の人生を左右するだけに、転職活動は後悔がないように行いたいですよね。

まず満足感の高そうな仕事に転職するのが大前提ですし、ブラック企業かどうかもよく見極めなければいけません。

また転職自体に不安がある方は、一人で何とかしようとせず転職サイトを頼るのがおすすめです。

転職に成功するように、いろいろなことに気をつけながら転職活動を進めていきましょう。

転職サイトのサガシタ